「なぜ今プログラミング教育が必要か?」

近年は、小中高生のプログラミング教育に注目が集まっています。

小学生や中学生の習い事人気ランキングでも、ここ数年は「プログラミング」が入ってくるようになりました。


しかし、普段生活していても、プログラミングに関わる機会は少ないですよね。


「なぜ子どもにプログラミング教育が必要なんだろう?」 「プログラミング教室には通わせたほうが良いの?」


教育に関心のある保護者の方は、そんな疑問を持っているのではないでしょうか。


今回は、なぜ今プログラミングが必要なのかについて、わかりやすくご説明します。



プログラミング教育が必要な理由


プログラミング教育が必要な理由は、次の3点です。


● 将来必要な能力の育成

● IT人材の不足

● 第四次産業革命


プログラミングで養われる論理的思考力や問題解決能力は、将来どんな仕事につくとしても必要な能力と考えられています。


プログラミングでは、自ら考えを組み立て、問題に対して取り組むため、自然に能力を養うことができるのです。


また、日本のIT人材の不足も大きな理由の一つとなっています。

経済産業省は、2030年に最大で78.7万人のIT人材が不足すると予測しました。

(出典:経済産業省「IT人材需給に関する調査」2019年3月


人材不足の一方で、新しい技術は発達しており、第四次産業革命も起きています。 第四次産業革命とは、家電や電化製品などにインターネットが内蔵される「モノのインターネット化(IoT/Internet of Things)」やAI(人工知能)による、産業の変革です。


あらゆることにおいてコンピュータを活用する新しい時代を生きるために、子どもにはプログラミングを通して考え方や活用の仕方を学ぶことが必要とされています。



プログラミング教育必修化の目的


2020年から小学校でプログラミング教育の必修化が始まりました。


プログラミング教育必修化の目的は、「プログラミング的思考」と「コンピュータを活用する能力」を身につけることです。


プログラミング的思考とは、「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」です。

(出典:文部科学省「小学校プログラミング教育の手引 第二版」2018年11月


コンピュータを活用する能力は、コードを書く技術を身につけることが重要なのではなく、プログラミングの仕組みを知り、コンピュータを問題解決などに取り入れる力をつけることとされています。


プログラミング的思考と、コンピュータを活用する力を身につけて、自ら新しいものを生み出す人材の育成を目指しているのです。


プログラミング教室に通う必要性

「プログラミング教育の必要性や学校教育必修化の目的はわかった。でも教室に通わせる必要はあるの?」


そんな疑問を持つ保護者の方も多いでしょう。


実は、学校教育のプログラミング教育の実態は


● プログラミングの授業があるわけではない

● 先生が教科ごとにプログラミング教育を取り入れる

● プログラミングの指導力が不足している場合がある

● タブレットなどの機器が十分に揃っていない


など、現場の環境が整っていない状態が多いです。


プログラミング教室なら、指導力や教材、機器などの設備が整っており、安心してプログラミング教育ができます。


また、IT分野やプログラミングへの関心が高いご家庭や子ども同士で学び合えるため、刺激を受けやすいですよ。



プログラミング教室に通うメリット・デメリット


プログラミング教室に通うと、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

良い面だけでなく、悪い面も知って、判断したいものですよね。


プログラミング教室のメリットは、


● 学校での授業の準備ができる

● 自主的に学ぶ力が身につく

● プログラミングに集中して取り組める


などがあります。


集中して取り組める環境で、子どもの論理的思考力や問題解決能力を伸ばすことができますよ。


能力が伸びると、自分の頭で考える力が身につくため、ご家庭での親子のコミュニケーションもより活発になるでしょう。


一方で、デメリットは


● パソコンの利用時間が長くなる

● 学校の成績にただちに直結するわけではない

● 学習と遊びの区別がつきにくい


などがあります。


パソコンの利用時間が長くなると、保護者の方としては心配になりますよね。


また、お子さんが興味をかきたてられるようなロボットやゲーム形式のプログラミング教材も多いため、保護者の方からは学習しているのか遊んでいるのか、区別がつきにくいこともあります。



プログラミング教室のD-SCHOOL


プログラミング教室のD-SCHOOLは、「自分で考える力をつける」ことを目指し、「理解力・論理的思考力・創造力・プレゼンテーション力」の4つの力を身につけられるカリキュラムをご用意しています。


D-SCHOOL文京春日教室では、たくさんのカリキュラムから好きなものを選んで学習が可能です。


● マイクラッチコース:大人気のゲーム「マインクラフト」でプログラミングが学べる

● エジソンアカデミー:毎月ロボットを作ってロボットプログラミングが学べる

● 自考力キッズ:パズル×ロボット×プログラミングの3つで自分で考える力を育む

● コードラーナー:Pythonの基本文法からロボティクスやIoTまで幅広く学べる

●オンラインコース:スクラッチを自宅で動画を見ながら学べる


お子様がプログラミングを楽しみながら、これからの人生に役立つ能力を身につけられる環境があります。


無料体験会も実施していますので、お気軽にご相談ください。

オンラインクラスはこちら

教室に通うクラスはこちら

8回の閲覧0件のコメント